人はなぜ自分のやりたいことがわからない状態になるのか?

人はなぜ自分のやりたいことがわからない状態になるのか?

やりたいことがわからないと悩む男性

本心を無視して無難な人生を選ぶと自分を見失う

 

あなたは就職や転職など仕事のことを考えたとき、「やりたいことがわからない…」という状態になったことはありませんか?

 

そのような状態になってしまうきっかけは、

 

・本当に自分がやりたいことをやらず、無難な職に就こうとする
・採用を見送っている企業が多く、希望の仕事に就けない

 

といったものが多く見受けられます。

 

 

特に親の期待に応えようと、自分のやりたいことを無視して世間的に無難な職に就いてしまう人は多いのではないでしょうか?

 

たとえば本当は歌手になりたかったのに自分がなれるわけないとか、歌手で食べていくのは難しいといった理由で親も安心する公務員になったりする人もいます。

 

 

 

お金を稼ぐことが目的で就職すると…

重い足取りで通勤する会社員

 

また不景気で採用数を絞ったり、採用そのものを見送っている企業が多いという希望がない状況で就職活動をすると、とにかくお金を稼ぐことが目的になってしまいます。

 

生活していくには働いてお金を稼がないといけないというプレッシャーから、「仕事を選んでいる場合ではない」という状況に追い込まれてしまうからですね。

 

 

 

そうこうしているうちにやりたかった仕事に就かないまま年齢を重ねてしまい、常にモヤモヤしながら働き続けて「うつ」になる人もいます。

 

また、ストレスが強くなって「もうこの仕事を続けていくのは無理…」と無計画に会社を辞めてしまい、引きこもりになってしまう人もいます。

 

 

つまり、自分の心を無視して他人の意見に合わせてしまうから、結局自分は何がやりたかったのかわからなくなって病んでしまうんですね。

 

 

 

新卒でいい会社に入れなかったら負け組決定?

勝ち組と負け組

 

若者の中には新卒入社した会社を早期退職してしまい、その後なかなか再就職できずにあきらめてフリーターになってしまう人もたくさんいます。

 

 

その理由としては、

 

・深く考えず適当に就職した
・自分の思い描いていた理想と違った
・入社してみたらブラック企業だった

 

というのが多いのではないかと思います。

 

 

一度フリーターになるとその状態からなかなか抜け出せなくなるのは、

 

・転職するにはキャリアが足りない
・第二新卒者の受け入れ体制ができていない会社が多い

 

ことがあげられます。

 

 

つまり、新卒者か即戦力の中途採用者じゃないと正社員として雇ってもらえないからです。

 

 

その間にも新卒でいい会社に入社した同年代はどんどんキャリアを積み、収入も何倍も稼ぎ、結婚して家庭を持ったりと、どんどんフリーターとの差が生まれていきます。

 

こういった格差を「勝ち組」とか「負け組」とか言ったりしますよね。

 

 

そして、正社員になれなかった若者は低収入の非正規雇用のまま結婚もあきらめ、何がやりたいかさえもわからなくなるわけです。

 

 

 

全体の8割はやりたい仕事に就いていない

やる気が出ない女性

 

自分のやりたい仕事ができている人というのは労働者全体のわずか2割、あとの8割の人は我慢して働いているとも言われています。

 

多くの人は働いてお金を得ないと生活ができないため、たとえどんな嫌なことがあってもその仕事で真面目に頑張らなければいけませんし、給料は我慢料だと言ったりもしますよね。

 

 

特に日本人は子供の頃から集団で足並みを揃えて動くという教育を受けるため、会社組織の中でも社畜になりやすいのだと思います。

 

つまり日本は個人(個性)を尊重するという考えが薄く、はみ出した人間は疎外されやすいので、結局皆と同じ行動をすることに安心感を抱いてしまうということです。

 

 

イキイキ働くためにはどうするべき?

 

どうすべきか悩む

 

そんな日本においては、とくに大企業になればなるほど社内のルールが厳しく、自分の思うようにはさせてくれません。

 

もちろん自分勝手にふるまうのはダメですが、組織のルールを守りつつ自分のやり方や意見を尊重してもらえる企業はまだまだ少ないです。

 

 

これは日本独特の特徴なのかもしれませんが、やはりどうせ働くなら自分の好きな仕事で自由に、イキイキ働く方がいいですよね!

 

もしこれからもっと自分のやりたい仕事に転職しようと思っていて、なかなか一歩が踏み出せない人は、まずは電話相談を利用してみるのもおすすめですよ☆

 

 

電話相談のメリット

 

電話相談には様々なメリットがあります。

 

たとえば…

 

・本音で話せること
・自分でも気付かなかった部分を引き出してくれること
・進むべき方向や動く時期を具体的に教えてくれること
・人の目を気にしないで相談できること
・思い立った時にその場ですぐに相談できること

 

などがあり、多くの利用者から支持されている理由としてあげられます。

 

 

 

本気で悩んだ時は電話占いがおすすめ!

電話相談で悩み解決

 

電話相談にもいろいろありますが、実は本気で悩んだ時はプロの占い師に相談した方が、あなたの悩みはあっという間に解決するかもしれません。

 

というのも、「結局どうしたいのか」わからなくなっている時って、なかなかうまく状況を話せなかったりしますよね(^_^;)

 

 

しかし、電話がつながった瞬間からあなたのことが手に取るようにわかってしまう「特殊な能力」を備えている占い師であれば、自分でもわからなかったことをスッと引き出してくれるんです☆

 

ですので、仕事の悩みに関わらず誰にも相談できない悩みがある時は、こっそり電話占いを利用している人も多いんですよ。

 

 

なお、相談は数ある電話占いサービスの中でも業界最高峰と言われている「電話占いヴェルニ」がおすすめです☆

 

もし電話相談でズバッとアドバイスしてほしいと思っている方は、ぜひ電話占いも選択肢に入れてみてくださいね!

 

 

電話占いヴェルニの特徴 プロによる悩み相談所「電話占いヴェルニ」の特徴

page top