正社員になりたいけど現状から抜け出せない【30代契約社員】

正社員になりたいけど現状から抜け出せない【30代契約社員】

正社員採用面接

 

【悩み例】 Fさん 34歳 女性 契約社員

 

大手企業で契約社員として働くFさん、正社員になりたいと思いつつ契約社員から抜け出せない現状に悩んでいます。

 

Fさんの今の状況は以下の通りです。

 

・新卒で就職した企業を2年で自主退職
・退職後に再就職活動したものの、どこも不採用
・仕方なく契約社員で雇ってくれるところに入社
・仕事内容は正社員と同じなのに給与が低く、賞与も無し
・今後のためにも安定した正社員になりたいと思っている

 

正社員になれない女性に多い悩み

女性差別

 

大学などを卒業しても、正社員で就職できない人がいます。

 

それは、

 

・不景気で新規採用を見送っている企業が多い
・一般職は非正規雇用でしか雇わない
・親が団塊の世代で同年代のライバルが多い
・女性より男性が優先される

 

といった、就職氷河期時代に就職活動した人に多く見受けられます。

 

Fさんも現役で大学を卒業したものの就職活動に苦戦し、唯一内定が出た会社に就職しましたがそこはいわゆるブラック企業で、体調を崩して2年で退職してしまいました。

 

しばらく休養したのち再就職活動を始めましたが、不景気で正社員採用をしてくれる企業がなく、困ったあげく契約社員の募集に応募して採用され、現在に至ります。

 

 

 

正社員と契約社員との格差

待遇格差

 

無職でいるよりは、たとえ契約社員でも働いて収入を得るほうがマシかもしれません。

 

しかし問題なのは、契約社員などの非正規雇用になると正社員との待遇格差が大きくなることです。

 

 

たとえば内容的にはほとんど同じような仕事をしていても正社員は月給制で賞与の支給もありますが、契約社員は時給制だったり賞与制度がなくて収入も低く不安定になります。

 

正社員登用を実施している企業も少なく、実際に正社員登用されるのはかなりレアなケースである場合がほとんどです。

 

 

 

正社員になるにはどうするべきか

正社員内定通知

 

もし今の会社で正社員になれる見込みがない時は、やはり別の会社に正社員で転職すべきかもしれません。

 

収入が低いとモチベーションも上がりませんし、このまま年齢を重ねても契約更新されるかわかりませんし、精神面にも影響が出ます。

 

 

しかし、だからといって今の会社を先に辞めてしまうのはよくありません。

 

たとえ契約社員でも、自主退職すると退職後の失業保険が出るのが手続きから4カ月後となり、転職先が決まるまでの間、無収入になるリスクがあるからです。

 

 

ですので契約社員で働きながら転職活動をし、内定が出たら今の会社を辞めるようにしないといけないんですね。

 

 

 

自分ではどうにもならない時は?

ボーっと見つめる

 

・転職先はどうやったらうまく見つかるか?
・転職するにしても今の会社をどのタイミングで辞めるべきか?
・この年齢で正社員で雇ってくれる会社はあるのか?

 

このように、一口に転職と言ってもなかなか難しくて行動に移せない場合もあります。

 

 

それは、

・働きながら転職活動するのは面倒で疲れる…
・もうこのまま契約社員でいいかも…

という考えが邪魔するからです。

 

 

では結局、どうしたら現状を打破することができるのでしょうか?

 

このように、自分との葛藤に悩んだときに頼りになるのが電話占い師です。

 

 

人生を左右する転職の悩みを解決するには、プロの占い師に電話で相談するのがいちばん早くて確実な方法と言えます。

 

就職について電話相談する女性

 

というのも、占い師は人の心の奥底にある思いを見抜き、どんな対策をするのがいちばん最適かをきちんとアドバイスしてくれるからなんです。

 

Fさんは「電話占いヴェルニ」でアドバイスを受けた後、自分に最適な求人が出ると言われた時期に集中的に転職活動をし、いいタイミングで前の会社を退職して転職に成功しました。

 

 

正社員との待遇格差はやはり辛いですし、転職活動もうまくいくタイミングがあるものです。

 

就職氷河期時代に就職時期を迎えた者は運が悪かったとも言えますが、自分の人生をつくるのは結局自分です。

 

 

もしあなたもFさんのように正社員になりたくて悩んでいるのであれば、電話占いヴェルニで相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

電話占いヴェルニについて プロによる悩み相談所「電話占いヴェルニ」とは?

 

page top