【20代大学生の悩み】どこに就職すべきかわからない

【20代大学生の悩み】どこに就職すべきかわからない

進路に迷う

 

【悩み例】 Tさん 20歳 男性 大学生

 

現在一人暮らしをしながら文系の大学に通うTさん、2年後の就職について悩んでいます。

 

Tさんの今の状況は以下の通りです。

 

・実家からの仕送りと、週3日のアルバイトをしながら学生生活を送っている
・大学に進学した理由は、何となく行っておいた方が将来的に有利だと思ったから
・大学生活はそこそこ楽しいが、卒業後の進路に悩んでいる
・今のうちに何かビジネス系の資格でも取っておこうと思っているが、どれも気乗りしない
・就職活動を意識して企業情報を集めたりもしているが、魅力を感じる求人がない

 

将来の目標がないまま進学した人に多い悩み

就職に悩む大学生

 

短大や大学などに進学する人は、

 

・最初から将来なりたい職業を決めている人

 

・とりあえず進学してから将来を考える人

 

に分かれます。

 

つまり、Tさんは後者の人ですね。

 

 

Tさんは大学生活を送る間に、将来進むべき道を見出そうとしているのですが、いまいちピンときません。

 

そして就職に備え、とりあえず有利になりそうな資格を今のうちにとっておこうと思いつつも、何かがしっくりこない状態です。

 

 

何となく就職すると必ず後悔する

就職に失敗した若い女性

 

就職は無難な会社を選びがちになりますが、会社の安定度や収入などの条件面だけを重視してしまうと、なかなか内定を勝ち取ることは難しくなります。

 

それは企業側に本気度が伝わらないからであり、そうこうしているうちに就職浪人やフリーターになってしまう人もいますよね。

 

 

人手不足な業界なら比較的スムーズに就職が決まる場合もありますが、しばらくすると違和感を覚えて辞めてしまう危険性もあります。

 

また、そういった会社は人材を大切にしない(使い捨て)傾向があるのも事実です。

 

入社3年以内に辞める若者が多いというのも、こういった動機で就職してしまったことが大きく関係しています。

 

 

 

自分の才能・特技や興味のある分野は何?

自分に合った仕事を考える男性

 

こうならないためにも、最初から自分の得意な分野に進む必要があるということなんですね。

 

しかし新卒採用を見送っている企業が多かったり、周りの意見や世間体ばかりを気にして自分のやりたいことすらわからなくなってしまっている若者が多いのも事実です。

 

 

このような学生の多くは、とりあえずお金を稼ぐためにどこでもいいから就職しようとしがちですが、それは就職ではなく「就社」です。

 

こんな場合はまず、いい会社に就職するために何かを身に付けるのではなく、

 

「自分は本当は何がやりたいのか」

 

という部分をはっきりさせなくてはいけません。

 

 

 

自分の本心を引き出して天職に就くには?

天職を見つける

 

・将来どんな道に進んだら自分らしく働けるのか?
・自分はそもそも何がやりたかったのか?
・自分の天職とは何か?

 

もう一度将来について考えようとしたとき、自分ではなかなか答えが出ない場合もあります。

 

 

それは、

・ずっと親や周りの意見を採用して生きてきた
・本当は心の中で思っていることを先入観が邪魔する
・飛び込む勇気が出ない

からです。

 

 

このように、自分の将来について悩んだときに頼りになるのが電話占い師です。

 

なかなか人に相談しづらい悩みを解決するには、プロの占い師に電話で相談するのがいちばん早くて確実な方法かもしれません。

 

就職について電話相談する女性

 

というのも、占い師は人の心の奥底にある思いを見抜き、どんな方向に進むのがいちばん最適かをきちんとアドバイスしてくれるからなんです。

 

Tさんは「電話占いヴェルニ」で相談したことによって、いつしか忘れてしまっていた俳優になる夢を思い出し、それを実現させるべく動き始めました。

 

 

進路に悩むということは、本来の自分を忘れてしまっている状態です。

 

周りに流されて焦って就職先を決めるのではなく、やはり最初からきちんと自分に合った仕事に就きたいですよね☆

 

 

もしあなたもTさんのように卒業後の進路について悩んでいるのであれば、電話占いヴェルニで相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

電話占いヴェルニについて プロによる悩み相談所「電話占いヴェルニ」とは?

page top