【30代会社員の悩み】どちらの会社に転職するか

【30代会社員の悩み】どちらの会社に転職するか

分かれ道で迷う男性

 

【悩み例】 Yさん 32歳 男性 会社員

 

転職活動の末、2社から内定をもらったYさん、どちらの会社を選択するかで悩んでいます。

 

Yさんの今の状況は以下の通りです。

 

・フリーターを経て地元の会社に就職
・今のうちに転職しようと転職活動を開始し、2社から内定をもらっている
・返事の期限が迫り、どちらの会社を選ぶかで悩んでいる
・A社は残業が多めで通勤がちょっと不便だが、給料は高い
・B社は給料は安いが前からやりたかった仕事で、残業は無し

 

内定が複数出た人に多い悩み

どちらを選ぶか悩む男性

 

いちど就職はしたものの転職の必要性を感じ、なるべく若いうちに…と転職活動する人がいます。

 

特に、

 

・このまま会社に残っていても給与が上がらない
・いずれ結婚したいけどこの会社では将来が不安だ
・会社でこれ以上学ぶものがない
・そもそも仕事がつまらない

 

といった理由で転職を考える人が多く見受けられます。

 

Yさんも数年間フリーターをしたのち今の会社に就職しましたが給与も上がらず、今後の人生に不安を感じて転職活動を始めました。

 

そして見事に2社から内定をもらったのですが、どちらにすべきか今後の人生を左右する選択で迷っています。

 

 

 

給料の額だけで決めると後悔する

給料袋

 

せっかく内定をもらった企業、どちらも捨てがたいですが、給料が高いというだけで選んでしまうのは少し危険です。

 

確かに転職はそうそう何度もできるものではありませんし、どうせなら給料の高い方を選んだ方がモチベーションが上がるかもしれません。

 

 

しかし、給料が高くてもその仕事にやりがいがなかったら、また転職したくなるかもしれませんよね。

 

実際、年収が低いという理由で転職する人は多いですが、転職に満足している人は意外と収入額は気にしていません。

 

 

 

転職先を選ぶ前にやるべきこと

ノートに書き出す

 

もしどちらの会社を選ぶか迷ってしまったら、まずはそれぞれの会社のメリット・デメリットを書き出してみましょう。

 

仕事のやりがいをはじめ、会社の風土、残業の有無、通勤手段、通勤時間なども非常に大事な部分です。

 

 

転職を繰り返してしまう人に共通しているのが、

 

・転職先を知名度や年収の高さだけで決めた
・大手企業なら何かと安心だと思って入社した
・仕事がうつになりそうなほど苦痛で仕方ない

 

といったようなことです。

 

 

つまり待遇の良さだけで転職先を選んでしまうと長続きせず、せっかく転職した意味がなくなる場合もあるんですね。

 

 

 

 

自分ではどうしても選択できない時は?

悩みに光が差す

 

・自分はどちらの会社で働いた方が幸せなのか?
・給与より自分のやりたい仕事を選ぶべきなのか?

 

頭でいろいろ考えても答えが出ない場合もあります。

 

 

それは、

・やっぱりこの先結婚したりすることを考えたら給与は高い方がいい
・今この内定を断ったら一生後悔するかもしれない

という考えが邪魔するからです。

 

 

では結局、どちらを選ぶべきなのでしょうか?

 

このように、自分の進む道について悩んだときに頼りになるのが電話占い師です。

 

 

人生を左右するような選択の悩みを解決するには、プロの占い師に電話で相談するのがいちばん早くて確実な方法と言えます。

 

就職について電話相談する女性

 

というのも、占い師は人の心の奥底にある思いを見抜き、どんな方向に進むのがいちばん最適かをきちんとアドバイスしてくれるからなんです。

 

Yさんは「電話占いヴェルニ」でアドバイスを受けた後、通勤が不便で残業は多いけれど給与が高いA社より、多少安くてもやりがいがあり、自分の時間もとれるB社を選びました。

 

 

とりあえず給料が高ければ幸せな人生が送れるとも限りません。

 

一番大事なのは自分の得意分野を活かせること、ストレスがないこと、人生を会社に支配されないことかもしれません。

 

 

もしあなたもYさんのように転職先の選択に悩んでいるのであれば、電話占いヴェルニで相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

電話占いヴェルニについて プロによる悩み相談所「電話占いヴェルニ」とは?

page top